水没車買取価格

水没車買取 TAU タウ

 
水没車買取なら<タウ>

2019年の台風19号による水没車は、20万台以上とか。
ここのところ、毎年大規模水害がおこり、そのたびに多数の水没車が出ます。
水没してしまった車、流されて壊れた車は、乗ることはできないし、買い替えるしかなさそうです。

通常の買い替えであれば、現在の車を中古車買い取り業者とかに買い取ってもらって、新しいのを買う。
という流れになりますが、水没車の場合はどうでしょう。

水没してしまうと、一般的には、ディーラーには、

①廃車をすすめられる
②買取価格0円

となってしまうことが多いです。

ところが!!!

水と泥にまみれた水没車でも、高値で買い取ってくれる業者があります!

11/12のガイアの夜明けで、水没車を買い取ってくれるTAU(タウ)という会社が紹介されていました。

もともとは、事故車の買取業者ですが、水没車も高額で買い取ってもらえます。

出張査定・車両引取など手数料は0円!

水没しちゃったし、もう、使い道もなさそうだから、廃車かなあ・・・とあきらめる前に、TAUで、買取金額チェックしてみませんか?

 事故車買取の<タウ>査定申込はコチラ

水没車買取価格 TAU

番組で紹介されていたTAUでの水没車の買取価格の例です。

1)HONDA N-BOX(ホンダエヌボックス)2019年式

3か月前に新車を購入。
浸水は、座席の下までで、エンジンが無事だったため

買取価格は、35万円!

新車購入の資金にできます!!

2)マツダアクセラ 2019年式

10か月前に新車購入
こちらは、完全水没したため、エンジンも使えない。
それでも

買取価格は、10万円!

水没車は、事故車と違って、ボディに傷もなく、パーツとしての価値があるとのことで、10万円の値段がつきました。

廃車にするしかない・・・と思っていたところへの10万円!
買ったばかりの新車が水没のショックは癒えませんが、それでも、0円→10万円はおおきな救いとなってくれますね。

水没車の場合の査定のポイントは「エンジン」

最初の35万円の査定額が出た方は、シートまで水がきてなかったし、エンジンルームも無事だったので高い価格がつきました。
それと、

ボディーに傷がすくないこと。

10万円の査定額が出た方は、車は完全に水没して、エンジンも使い物になりませんでした。
それでも、買ったばかりの新車で、流されたわけではなく、自宅の駐車場で水没しているので、傷がなく、パーツに利用価値が大きいということで、廃車とならずに買い取られました。
車体の損傷状態いかんで、買取価格も大きく変わってきますね。

自宅で水没した車は、タウにチャレンジしてみると、高額買取してもらえそうです。


事故車買取の<タウ>査定申込はコチラ

買い取られた車の行方

タウで買い取られた水没車は、洗浄・修理されたあと、専用サイトでネットオークションで売られています。
また、タウでは、海外の業者とも多数提携していて、ロシアのウラジオストックでは、タウから買い取った水没車を修理して、グリーンコーナーという中古車市場で販売しています。

ウラジオストックでは日本車が人気。

日本製の車は頑丈だし、部品も多いので修理もすぐ対応してもらえる。

ということが人気の理由だそうです。

中古のカローラで、日本円で130万円とか、そこそこのお値段してますが、それでも、ウラジオストックの中古車市場に並んでいるのはほとんどが日本の水没車
ここでも、やはり、水没車は、事故車とちがって、ボディに傷がないので、修理がしやすいということで、人気なんですね。


事故車買取の<タウ>査定申込はコチラ

車両保険 水没車

ところで、前出の35万円という査定がおりたかたも車両保険に入っていなかったということです。
意外なことに、車両保険の加入率は44%とか。
半分以上の人が車両保険に入っていないということです!

これから、毎年、必ずやってくる台風。
海水温の上昇で、もっと大型の台風が日本に上陸する可能性は大きいです。
都会でも、道路の高低差で、思わぬところで水没!するリスクはゼロではありません!!

車水没!に備え、車両保険にはきちんと加入しておきたいですね。

車両保険で、補償対象となる水没車は、
「台風や高潮、堤防の決壊などが原因の洪水」による水没

車両保険で、補償されないのは、
「地震が原因の津波による」水没

だそうです。

このあたりも、覚えておきたいですね。

車両保険、お忘れなく!

一括見積はコチラから↓【無料】です

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり